[トップに戻る] [題名一覧] [使い方] [ワード検索] [修正/削除] [管理用]
 
掲示板に書き込むにはユーザー登録が必要になりました。登録するには、下の欄にEメールアドレスとパスワードを入力して登録ボタンを押してください。 自動で登録確認メールが送信されますので、メールの内容をお確かめのうえ、指示に従ってください。
Eメール
パスワード (半角英数字12文字まで)

おなまえ
Eメール (登録時のアドレスを入力してください。アドレスは公開されません。)
題  名
コメント(600字以内)
URL
パスワード (登録時のパスワードを入力してください。)
文字色
トンイ第57話  投稿者:クク 投稿日:2012/05/27 23:06 No.15446  
今日は可愛いクムの出番が一度だけで寂しかったです。これまた可愛いお妃様とキツ〜い目つきの王妃にご挨拶に行った場面だけでした。

前半の20分過ぎまで「何?何?なんで?」と訳わからず王様の決心を聞くまで退屈な展開でした。でも今回の王様はかつてトンイに踏み台にされた方とは思えない程、凛々しく毅然としていらっしゃいました。

ヒビン、ヒジェと同様、追い詰められて無謀な企みを企てるチャン・ムヨル、この人の断末魔も もうすぐのようですね。

さぁ、いよいよ最終回まであと3話。
ですが、私、事情があり来週は見られません。
あっこさん、ルビーの指輪さん、皆さん、どなたかレビューをお願いします。


Re: トンイ第57話  あっこ - 2012/06/08 21:32 No.15448  

王様の決断! そうですかー・・。
 
世子もクム君も王様の大切な子ですものねぇ〜。
そのどちらも守ろうとするなら父である王様が退位するしか方法はないのでしょうね。

なんだか王様、一代決心をした後、なんだかスッキリした表情でした。

さて、チャン・ムヨル。
ヒジェが動なら彼は静。物静かな物腰なんで、ヒジェより冷たい悪人って感じです。
(私的には、この俳優さん好きです。「相棒」で、実子を見る時のやさしい目が心に残りました)


トンイ第56話  投稿者:クク 投稿日:2012/05/20 23:41 No.15439  
さすが神童クムの母、トンイは只者ではなかった、今さらですが。

「王気」先生と庭の木を眺めるトンイ。チャングムで味噌の味が変わった時の味噌瓶の上の木を思い出しましたが、曰く因縁のある恐れ多いやんごとない木だったのですね。

そして幼いクムとそのお妃。これは「独眼竜政宗」の幼い政宗とゴクミの愛姫を思い出しました。婚礼を阻止するのかと思いきや婚礼もあげ、宮廷にも残る、見事でした。

婚礼のシーンでムヨルがクムのお辞儀を見て笑顔になっていましたが、あれは子役の愛らしい演技を微笑ましく見つめる素のお顔ではなかったかしら?

クム→王、王様とトンイ、両方の口からこの言葉が出ましたね。


Re: トンイ第56話  ルビーの指輪 - 2012/05/21 16:13 No.15440  

いよいよ終盤にさしかかり、タイトル映像にいらしても
亡くなられた人も何人か、一抹の寂しさを感じます。自分
はこの年表を参考に鑑賞するのが結構楽しみです。
http://www.kampoo.com/jp/history/js-dynasty-king.htm
現王様もかなり長い在位なんですね。
ほんとクムのお辞儀可愛らしかったですね。


Re: トンイ第56話  あっこ - 2012/05/24 16:23 No.15445  

トンイに軍配!の第56話でした。
過去の記録を元に新王妃を撃退ってところですね。

王宮に王様の男の子がたくさんいたら大変なんですね〜・・
女の子だと日本の場合政略結婚の道具にされますが、この時代の朝鮮王朝は・?

イ・サンの時、そういえば英祖(クム君)の娘ファワンが王宮で暮らしていた?と思いました。
ドラマを契機にいろいろ勉強するのも良いですね。

ルビーの指輪さん、こんにちは。
年表見ました。なんと英祖クム君、ダントツ一位の在位なんですね〜! 驚き〜!


トンイ第55話  投稿者:クク 投稿日:2012/05/13 22:37 No.15436  
いきなりのヒビン処刑の日決定から始まった今日のお話。世子の心の傷より幼いクムのトラウマが心配になりました。

「新参者ゆえ、いろいろとご指導よろしくお願いします」と言う律儀な謙虚な新王妃はいないのでしょうか?ライバル意識むき出しの新王妃。ヨンダルが言うようにトンイが王妃になれば良かったのにと私も思いました。ムヨルが新王妃のお部屋ににこやかに現れた時からありゃりゃ〜でしたもんね。

・・にしても宮廷の庭で処刑されるより、ヒビン兄や母のようにわざわざ島まで送られて毒を飲まされるのでは後者がキツいですよね。自業自得とはいえ島まで地獄の道中だったでしょう。


Re: トンイ第55話  あっこ - 2012/05/15 16:29 No.15437  

あぁ〜・・、遂にヒビン毒杯を受け絶命の第55話。

実に名演技!感服しました。なのに女優さんの名前を記憶していない私ったら・・。(汗)
「春ワルツ」「天使の誘惑」に出てましたね〜・なのにゴメンナサイです。







Re: トンイ第55話  あっこ - 2012/05/15 16:51 No.15438  

ごめんなさい、続きです。
 
王様に最後の姿を見届けて欲しいとは、ヒビンの最後の自尊心なのでしょうか、本当に強い女性でした。

「新たな対決」とは、新王妃の事でしたか・・。
ラストに向かって勝負!ですね。
トンイも本当に大変です。
頑張ってね!と言いたいです。


トンイ第54話  投稿者:クク 投稿日:2012/05/06 23:33 No.15432  
連休最終日に竜巻、ひょう、落雷の被害に震災を彷彿させるほどの状況に驚きました。お見舞い申し上げます。

さて、最後までヒビンは強気だった。強気と言おうか、哀れと言おうか、はたまた救いが無いと言おうか・・。

王様もご自分にも罪があると自覚しているようだけど、イ・サンの時の大妃も早くに成敗していれば被害が広がらないものを、と何度思ったことか。まぁ、宮廷では何事も王様おひとりのお考えで決められることはないんだからしかたないですね。

次回はヒビンが毒を飲まされるんでしょうけど、世子がどう乗り越えるか、心配です。



Re: トンイ第54話  あっこ - 2012/05/07 16:39 No.15434  

あ〜、遂にここまで来ました。
ヒジェ・ヒビン母もここで命運つきました。
ですが、気の毒なのは使用人達ですね。気持ちのやさしそうなヒビン母の召使の女性、処罰や拷問なんとも気の毒な感じしました。

世子、いくら悪い事をしたとしてもヒビンはお母さんですから、これは本当に辛いことでしょう。
処刑はすぐに執り行われるのですね。


Re: トンイ第54話  ルビーの指輪 - 2012/05/07 17:00 No.15435  

今日は。 昨晩は出演者夫々が熱演で観ていて思わず涙ぐみ
そうになりました。 ヒビンにしてもあの凛とした悪女ぶり
には感心でした。 所で世子は景宗として王位には就く
のですよね、何とも辛く哀しい王なのですね。


ファンタスティック・カップル  投稿者:アンナ 投稿日:2012/05/06 18:37 No.15431  
今、スカパーで見ている「ファンタステック・カップル」にかなり嵌りました。
オ・ジホとハン・イェスルのラブコメなんですが、わがまま金持ち女のアンナが記憶喪失になっていろんな経験をしていくうちに、なんとも可愛らしい女性になっていって・・というお話なんですけど、もう毎回笑ったり、じ〜んとしたり、ほろりとしたりと、このドラマは「怒」の感情はあまりなく他の「笑・哀・喜」の感情は沢山感じられますので、おすすめですよ〜〜。


Re: ファンタスティック・カップル  クク - 2012/05/06 23:38 No.15433  

アンナさん アンニョンハセヨ〜
「ファンタスティックカップル」私も大好きなドラマでした。主役おふたりに加えて脇を固める役者さん達も芸達者ぞろいで笑わしてくれましたよね。最後は涙涙で。とくにお気に入りは大きなたらいにずっと隠れていたビリーと天真爛漫なカンジャが大好きでした。


トンイ第53話  投稿者:クク 投稿日:2012/04/29 22:56 No.15428  
「私の為と言わないで下さい。聖君になろうとする私を王室お冒涜する罪人に、情けない王にしようとしたのです」世子は涙ながらに母ヒビンに訴えました。世子、どんなにか深く傷ついたことでしょう。

東宮殿の火災で世子は無事か?
「火を使うのです」前回の「ヨニン君は弟ではなく倒すべき敵なのです」に匹敵する恐ろしい言葉が最後の悪あがきするヒビンの口から出ました。

でもトンイ「母と決して離れてはいけません」とクムに言ったのに離れちゃダメでしょ、クムも言うこと聞きなね、とちょっと最後にクムとトンイにイラっとしました。


Re: トンイ第53話  あっこ - 2012/05/01 23:14 No.15430  

あぁ〜! 遂に王様、ヒビンの悪事を知り爆発しましたね。
さすがのヒビンも動揺し混乱状態!
本当に、彼らの命運も終りに近づいた感じです。

ヒビンの母も身から出たさび!観念するしかありません。
重臣達も態度をコロリと、その変わり身の早い事ったらねぇ〜・・。 所詮自分の身が一番大事と言う事なんですね。

ククさん、私も同じです。
「決して離れるな!」と言ったのに〜もう駄目よ!!
チョンス兄さんも部下を連れてサッサといなくなってしまうし・・。


ロッテデパートで再び会うシークレットガーデン  投稿者:ロッテデパートで再び会うシークレットガーデン 投稿日:2012/04/28 12:39 No.15427  
ロッテデパートで再び会うシークレットガーデン

NHK BSプレミアム放送記念2012.4.5〜8.19毎週木曜日
シークレットガーデンの主人公のデーパトに皆さんを招待します。
ドラマの中の実際の撮影場所、キンジュウォンと一緒に撮影できるフォトゾーンと
さまざまなシークレットガーデンの記念品を購入できるギフトショップ、
このすべてのことをロッテデーパト耘變づ垢能于颪┐蕕譴泙后

シークレットガーデン公式ギフトショップ運営
2012年4月27日(金)~7月29日(日)/ロッテデーパト耘變づ后。崖


トンイ第52話  投稿者:クク 投稿日:2012/04/23 14:11 No.15426  
今回の1時間は目が離せなくて、お互いを思い合う兄と弟の心に胸がきゅんきゅんしっぱなしでした。まさに兄と弟の「無垢な心」を堪能しました。

そしてヒビン母の悪事も明らかになって、ヒビン一派の断末魔ももうすぐそこにきています。

・・にしても弟を思う世子にとって、「ヨニン君は弟ではなく倒すべき敵なのです」という母ヒビンの言葉はなんと残酷で情けない言葉でしょう。自分の病を知っただけでもつらいのに。

今回のお話は全編どしゃ降りの中での撮影だったのですね。俳優さんやスタッフさん達、ご苦労さんでした。


Re: トンイ第52話  あっこ - 2012/05/01 22:56 No.15429  

一週間があっと言う間です。視聴追いつかずって感じのこの頃です。

物語、本当に終盤に近づきました。

幼い兄弟、お互いをかばい合う姿。 また王であっても一人の父でもある王様。

自分の病の重大性を父である王様に告白するのは大変勇気がいることですね。

本当にこんな大変な問題を隠し続けることなど無理でしょうにね〜・・。


トンイ第51話  投稿者:クク 投稿日:2012/04/15 23:15 No.15424  
あららら、世子とクムが行方不明で、都はそりゃぁもう大騒ぎ。これで、クムになんらかの罪をきせて追い込むのだろうか?ヒジェとヒビンならやりそうです。

楽しい兄と弟の宮廷外探検は見ていてこちらも楽しくなりました。ととえ地位が高くても自由がないのは一番つらいとつくづく思います。

ある程度の重臣でないと世子様のお顔など直接拝んだことはないからスリが世子とは気づかないんだろうな。


Re: トンイ第51話  あっこ - 2012/04/20 00:09 No.15425  

ヒビン、トンイの申し出に「NO!」
これはもう戦闘開始しかありませんね〜・・。 
いえ、どちらも後戻り出来ませんね。

どちらかが影となる・・という言葉、物語序盤で、男占い師がヒビンに言っていたのを思い出しました。
あの占い師の男、これから再び登場するのでしょうか?


トンイの衣装がブルーから赤に変わりました。
側室の位が上がると変わるのですね〜。

もう51話となりました。


トンイ第50話  投稿者:クク 投稿日:2012/04/08 23:29 No.15422  
「トンイ」次回作は「王女の男」ですね。

せっかく上手に造った花輪が王妃様の最期に間に合わなかったクム。天国でずっとクムを見守っていらっしゃることでしょう。これだけの過酷な目にあったのに、王室の安泰を願う清らかな心こそ、真の高貴なお方というものです。

珍しくヒビンがトンイの真意を信じようとしたのに、愚かな取り巻きのせいで、誤解してまた恨んで。

世子がご自分の病気を知ってしまいました。兄の沈痛な表情に心を痛める弟のクム。さぁ、次回はどうなる?!


Re: トンイ第50話  あっこ - 2012/04/12 23:27 No.15423  

次回作情報ありがとうございます。時代劇ですね!
今日、勤め先で「次回作は何?」と話していたのです。
てっきり、ユン・ソクホ監督のグンちゃん主演の作かなぁ〜?などと勝手に盛り上がっていたんです。

さて王妃様。
王宮追放、身分の回復と波乱万丈の生涯でした。
あのヒビンに臆することなく対決した方でした。

そのヒビンを世子の母という事で再び王妃に据えようとする重臣達。

ですがヒビン、ククさんの言うとうり愚かな母と兄のせいでまたしても苦境に・・。
「もうー!私のじゃまをしないでぇ〜!!」と言いたいヒビンですね。


最初 戻る  [ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ] [ 7 ] [ 8 ] [ 9 ] [ 10 ] ...   最後
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved